2024年3月2日(土)より
K’s cinemaほか全国順次公開

ご購入はこちら

特別鑑賞券販売中 ¥1600

監督・撮影・編集・製作:土井敏邦
整音:藤口諒太/音楽:李政美(歌・作曲)、武藤類子(作詞)
宣伝デザイン:野田雅也・尾尻弘一/ウェブ広報:ハディ・ハーニ/配給協力・宣伝:リガード

ドキュメンタリー/2023/日本/187分/DCP
©️ 2023 DOI Toshikuni  

予告編

イントロダクション

帰還困難区域に指定された故郷・津島

100年は帰れない故郷の姿を100年先につなぐ
災禍の時代を共に生きる私たちに託された
圧巻の証言ドキュメンタリー

 浪江町津島は福島県の東部、阿武隈山系の山々に囲まれた人口約1400人の平穏な山村でした。福島第一原発から北西に30キロも離れているにもかかわらず、2011年3月11日の事故直後に大量の放射性物質が降り注ぎ、地域の大部分が「帰還困難区域」に指定されたまま、現在も多くの住民が帰れずにいます。
 故郷を離れ10年以上を経た今も、人々の心の中には津島での日々がありました。貧しかった開拓時代の記憶、地域コミュニティと共にあった暮らし、綿々と受け継がれてきた伝統文化、今は亡き家族との思い出…。

 「100年は帰れない」と言われた故郷・津島の歴史と、そこで生きてきた人々の記憶と感情を映像化したのは、『福島は語る』(2018年)の土井敏邦監督。裁判記録「ふるさとを返せ 津島原発訴訟 原告意見陳述集」に記された住民たちの言葉に衝撃を受けた土井監督は、「この声を映像で記録したい」と原告の元を訪ね歩き、10ヶ月にわたるインタビューを敢行。その中には、避難先で起こった子どもたちへの差別といじめについての証言もありました。

 総勢18名による、全9章、3時間を超える圧巻の語りの数々。
 その聞き手となるのは、災禍の時代を共に生きる私たち一人ひとりです。

各章紹介(全九章)

  帰ることが叶わなくとも
わたしの故郷はたしかに“ここ”にある

第一章

“記録”

今野義人

第二章

“開拓”

関場健治/三瓶宝次/志田昭治/馬場績

第三章

“共同体”

石井ひろみ/今野千代/須藤カノ

第四章

“伝統文化”

今野秀則

第五章

“家族喪失”

三瓶春江/武藤晴男/佐々木やす子

第六章

“子どもの傷”

柴田明美・明範/須藤カノ・隼人・玲

第七章

“棄民”

今野秀則/末永一郎

第八章

“故郷”

馬場績

最終章

“帰郷”

紺野宏

津島について

 福島県浪江町津島地区は、阿武隈山地の東斜面に位置する。面積は95.5km2で山手線の内側の約1.5倍。住民約450世帯・1,400人(2011年3月の震災直前)が暮らす平穏な山村だった。
 しかし原発事故直後の風向きで、原発から北西に約30キロも離れた津島に、大量の放射性物質が降り注ぎ、高濃度の放射能に汚染された。事故から4日後に、津島の全住民に避難指示が出され、住民は福島県内外へ避難を余儀なくされた。
 その後「帰還困難区域」に指定され、12年経った2023年3月に一部解除されたが、他の大部分の区域は、まだ帰れないままである。
 地域住民は自然溢れる環境の中、互いに協力して受け継がれてきた歴史や伝統、文化を大切に、地域に根付いて生活し、沢山の年長行事に楽しみを見いだし、生きがいを感じて暮らしてきた。しかし、原発事故はこれらの一切を、根こそぎ奪い去った。
 2015年9月に住民の半数、約700人が「ふるさとを返せ!津島原発訴訟団」を結成して福島地方裁判所郡山(こおりやま)支部に提訴、補償と原状回復を求めて闘っている。



監督メッセージ

 「津島の記録映画を作りたい」と私を駆り立てたのは、一冊の裁判記録だった。そこには、32人の原告たちが裁判所で陳述した、家族の歴史、原発事故による家族と人の心の破壊、失った故郷への深い想いが切々と綴られていた。「あの原発事故は住民の人生をこれほどまでに破壊していたのか」と、私は強い衝撃を受けた。「この陳述集の声を映像で記録したい」――それが映画「津島」制作の原点である。
2021年春から、私は陳述集に登場する原告たちを訪ね歩き始めた。横浜から福島まで車で往復し車中泊を繰り返す、ほぼ10カ月がかりのインタビューの旅だった。

 “津島”は、人口約1400人の問題に終わらない。「多数派の幸福、安全、快適さのために少数派を犠牲にする」在り方への、津島住民の“異議申し立て”であり“抵抗”だともいえる。そういう意味で、“津島の存在と闘い”は小さな一地域の問題ではなく、日本と世界に通底する“普遍的なテーマ”を私たちに問いかけていると私は思う。

 「『フクシマは終わったこと、なかったこと』にされてたまるか!」
 映画の中で涙ながらに語る証言者たちの声の後ろに、そんな悲痛な叫び声を私は聞いてしまうのである。

監督:土井敏邦(どい・としくに)

 1953年佐賀県生まれ。1985年よりパレスチナ・イスラエルの現地取材。1993年より映像取材も開始し、NHKや民放で多くのドキュメンタリー番組を発表。2009年4月に、ドキュメンタリー映像シリーズ『届かぬ声―パレスチナ・占領と生きる人びと』全4部作を完成、その4部の『沈黙を破る』は2009年11月、第9回石橋湛山記念・早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。2012年7月、『飯舘村 第一章・故郷を追わる村人たち』(ゆふいん文化・記録映画祭/第5回松川賞)、2013年5月に『飯舘村―放射能と帰村―』を公開。2019年には映画『福島は語る』(文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞)。
 主な著書に『占領と民衆―パレスチナ』(晩聲社)、『アメリカのユダヤ人』(岩波新書)、『「和平合意」とパレスチナ』(朝日選書)、『沈黙を破る』(岩波書店)、『“記憶”と生きる―元「慰安婦」姜徳景の生涯』(大月書店)など多数。

劇場情報

津島  ―福島は語る・第二章―
2024年3月2日(土)より
K’s cinemaほか  全国順次公開

全国共通鑑賞券 ¥1600 発売中!
(当日一般¥2200、シニア¥2000、学生¥1800のところ)

ご購入はこちら

― 劇場イベント情 報 ―

【東京 K’s cinema】
3/2(土)10:00の回終了後|初日舞台挨拶追加ゲスト決定!
登壇者:土井敏邦監督、今野秀則さん(出演者、「ふるさとを返せ!津島原発訴訟」原告団長)
3/3(日)10:00の回終了後|土井敏邦監督による舞台挨拶
3/9(土)12:40の回終了後|土井敏邦監督による舞台挨拶
3/16(土)、17(日)10:00の回終了後|土井敏邦監督による舞台挨拶
【京都 京都シネマ】
3/10(日)9:50の回終了後|土井敏邦監督による舞台挨拶
【大阪 第七藝術劇場】
3/10(日)12:50の回終了後|土井敏邦監督による舞台挨拶
【兵庫 元町映画館】
3/11(月)9:30の回終了後|土井敏邦監督による舞台挨拶
【愛知 シネマスコーレ】
3/11(月)12:25の回終了後|土井敏邦監督による舞台挨拶
【神奈川 シネマ・ジャック&ベティ】
3/16(土)、17(日)14:00の回終了後|土井敏邦監督による舞台挨拶
【福島 フォーラム福島】
3/23(土)12:30の回終了後|舞台挨拶
登壇者:土井敏邦監督、今野秀則さん(出演者)
3/24(日)12:30の回終了後|舞台挨拶
登壇者:土井敏邦監督、須藤カノさん、今野千代さん(ともに出演者)
【長野 松本CINEMAセレクト】
2024年4/7(日)上映後|土井敏邦監督による舞台挨拶あり

都道府県 劇場名 電話番号 上映期間
東京  K's cinema  03-3352-2471 3/2(土)~22(金)
京都 京都シネマ 075-353-4723 3/8(金)~14(木)
大阪 第七藝術劇場  06-6302-2073 3/9(土)~15(金)
兵庫 元町映画館  078-366-2636 3/9(土)〜15(金)
愛知 シネマスコーレ  052-452-6036 3/11(月)のみ1日限定上映
※4月に再上映予定
神奈川  シネマ・ジャック&ベティ  045-243-9800 3/16(土)~29(金)
福島  フォーラム福島  024-533-1717 3/22(金)~28(木)
長野  松本CINEMAセレクト  0263-98-4928 4/7(日)
佐賀 シアター・シエマ   0952-27-5116 近日上映