ビデオ・ジャーナリスト 土井敏邦

【最新記事】
2014年8月22日
ガザからの報告(2014年夏)(16)海を追われる漁師たち
2014年8月20日
ガザからの報告(2014年夏)(14)燃料の高騰と社会の“暴力化”
ガザからの報告(2014年夏)(15)農業の破壊
2014年8月19日
ガザからの報告(2014年夏)(12)電力不足が引き起こす下水問題(1)
ガザからの報告(2014年夏)(13)電力不足が引き起こす下水問題(2)
2014年8月15日
ガザからの報告(2014年夏)(10)“人間としての尊厳”を奪われた避難民たち
ガザからの報告(2014年夏)(11)破壊された発電所
2014年8月12日
ガザからの報告(2014年夏)(9)急騰するガザの食料品
2014年8月11日
ガザからの報告(2014年夏)(8)“集団懲罰”でハマスを潰せるという幻想
2014年8月9日
ガザからの報告(2014年夏)(7)破壊されたパイプ製造工場
2014年8月8日
ガザからの報告(2014年夏)(6)ピンポイント爆撃による一家の惨殺 [1]
2014年8月7日
ガザからの報告(2014年夏)(5)ラファ虐殺・ある医師の証言
2014年8月6日
ガザからの報告(2014年夏)(4)攻撃されたUNRWA学校の避難所
2014年8月5日
ガザからの報告(2014年夏)(3)大学と病院の破壊の真の意図
2014年8月4日
ガザからの報告(2014年夏)(2)病院の中で野宿する避難民
2014年8月3日
ガザからの報告(2014年夏)(1) 40万人のガザの“新難民”
2014年7月26日
日々の雑感 318:“パレスチナ”と関わるジャーナリストとして
2014年7月25日
日々の雑感 317:2つの大事件と欧米メディアの伝え方(ガザ攻撃とマレーシア航空機撃墜事件)
2014年7月14日
日々の雑感 316:子どもたちの眼に羞恥ではなく、“誇り”をみたい -【ガザ】ラジ・スラーニ氏・インタビュー-

上記以前のサイト更新情報

ラジ・スラーニ氏来日・延期のお知らせ

 「ラジ・スラーニ氏 来日実行委員会」代表・土井敏邦です。
 7月来日に向け、今年1月から半年にわたって私たちは準備を重ね、すでにスラーニ氏を迎えるばかりになっていたのですが、ここに来て、みなさんに残念なお知らせをしなければなりません。
 ガザ・エジプト国境(ラファ検問所)は1月以来、エジプト側によって封鎖され、人の往来ができない状態続いていましたが、6月後半になってもスラーニ氏がガザ地区を出ることができない状態です。5月末のエジプト大統領選挙のための一時的なセキュリティー対策だとスラーニ氏も見ていたのですが、選挙後も封鎖政策が続いています。スラーニ氏はイスラエル側からガザを出る方法も試みましたが、イスラエル当局から拒否されました。これが“ガザ封鎖”の現実です。
 イスラエルによる封鎖政策も続く180万人のガザ住民にとって“生命線”だった地下トンネルも前軍事政権によって大半が破壊され、現在、生活必需品の供給さえ難しい状況だといわています。また住民は難病の治療や仕事のために国外に出ることもできません。

 ガザ住民が前例のない困難な状況下にある今だからこそ、スラーニ氏を日本に招いてその現状を直接私たちに伝えてほしかったのですが、今はそれがかないません。
 しかし近い将来、何としてもスラーニ氏来日を実現する決意です。10月初旬の来日をめざし再調整してみます。
 どうか事情をご理解ください。

6月20日 土井敏邦

【お知らせ】
DVD販売のお知らせ:
『激動する中東情勢・パレスチナはどうなっていくのか オスロ合意20周年記念・映画とシンポジウムの集い』の記録DVD

【映画情報】

自主上映申し込み案内

映画 『飯舘村 ─放射能と帰村─』

映画 『異国に生きる ─日本の中のビルマ人─』

映画『飯舘村 放射能と帰村』

YouTubeで再生

『飯舘村 ─放射能と帰村─』公式サイト

『異国に生きる』日本の中のビルマ人

文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞 受賞

YouTubeで再生

『異国に生きる』公式サイト

『飯舘村』 DVD販売と上映会募集

『飯舘村』予告編

『飯舘村』公式サイト

映画『ガザに生きる』5部作の製作支援のお願い

映画『私を生きる』情報

『"私"を生きる』予告編

YouTubeで再生

『"私"を生きる』 公式サイト

沈黙を破る情報

『沈黙を破る』/『届かぬ声』DVD発売中

『沈黙を破る』情報

イスラエル政府の報道規制に抗議します

映像ドキュメンタリスト・インターン募集

インターン募集について

ガザ侵攻・子ども支援 第一歩・アマルちゃん募金のお知らせ

更新情報

【注目記事】文:篠原久美子、朗読:根岸季衣 『子どもの話を聴くときは』

【お願い】映画『ガザに生きる』5部作の製作支援のお願い

映画『沈黙を破る』情報

『沈黙を破る』ポスター

【自主上映の申し込み受付中】

土井敏邦・パレスチナ記録の会では『沈黙を破る』など『届かぬ声─パレスチナ・占領と生きる人びと』4部作の自主上映の申し込みを受け付けています。料金など詳細についてはメールにてご相談ください。
doitoshikuni@mail.goo.ne.jp

【DVD】

【リンク】

【関連記事】

【関連書籍】


お知らせ


「土井敏邦 パレスチナ記録の会」について (ご協力をお願いします)

ガザ侵攻・子ども支援 第一歩・アマルちゃん募金のお知らせ
ガザ支援の活動を行っています。ご協力をお願いします。

2010年2月25日、文京シビックホールで上演された「非戦を選ぶ演劇人の会」によるリーディング(朗読劇)の台本が公開されています。

『ガザで起こった“本当のこと” ─ガザ攻撃 加害兵士と被害住民の証言─』台本

『せりふの時代』へのリンク

雑誌掲載のお知らせ

季刊『せりふの時代』11月号(小学館 2009年10月2日)にインタビューが掲載されています。

土井敏邦インタビュー「豊かな想像力で平和を考える」
聞き手:渡辺えり、篠原久美子

同号には、「非戦を選ぶ演劇人の会」が主催するピースリーディング上演台本『遠くの戦争〜日本のお母さんへ〜』も掲載されています。合わせてご覧いただければと思います。

(この台本は、改変も含めて自由に利用できるとのことです。詳しくは本誌をご参照ください)

季刊『せりふの時代』11月号

出版のお知らせ

ガザの悲劇は終わっていない
─パレスチナ・イスラエル社会に残した傷痕─

(2009年7月7日 岩波ブックレット)

出版のお知らせ

沈黙を破る─元イスラエル軍将兵が語る“占領”─
(2008年5月9日 岩波書店)

詳しくは、紹介ページ をご覧ください。

出版のお知らせ

岩波ブックレット
パレスチナはどうなるのか』(土井敏邦 編)
2007年11月6日出版

詳しくは、『パレスチナはどうなるのか』紹介ページ をご覧ください。

Haaretz Headline
イスラエルの英字新聞『ハアレツ』の見出し翻訳(学生有志による翻訳プロジェクト)